トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    ご存知の人も居るでしょうが、ネット上において下取りに出したい車の査定金額をいっぺんに複数の企業に依頼可能な、車の一括査定サイトが数しれず見受けられます。

    一括査定サイトを通したら絶対にその車を売却しなければならない訳ではなく、利点としては、数多く存在する買取業者に出向く必要性がなくなるのです。

    そうはいっても、会社によって車を自分のところで売却しないかとしつこく電話される事もありますから、携帯などに電話がかかってくるのが嫌な場合には、電話ではなくメールでやり取りが出来る一括査定サイトを利用すれば良いのです。

    自分の車を高値で売却するために中古車の買取会社と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    査定相場金額を確認した上で交渉に臨んでいるのならば良いのですが、そうでないのならば実際の査定相場よりもグッと低い金額を自分から言ってしまう可能性が出てくるので、価格を低めに言ったときには確実に損します。

    査定金額の価格交渉を営業マンと行うつもりならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    これから売却しようと考えている車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を算出して示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、比較検討するためと、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。

    目的が達成できるのでしたら、複数というのは何十社でも数社でも問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    こちらに非のない状態でぶつけられたりして、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、ガタッと査定額が下がってしまうことがあります。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それはケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。

    また、保険会社としては当事者間で話し合いがついたとしてもそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所と協議したほうがいいでしょう。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながらどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。

    中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、費用面のことは失念しやすいですから、下取り査定に取りかかる前に、手数料等の有無をあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    仮に有料だったとしても、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    売却予定の車の現物査定は、直接その車に乗って買取店に行って見てもらうか、出張査定サービスを利用するのもありです。

    車を売ることが近所には知れてしまうかもしれませんが、それでも良ければ訪問査定は金額的に良い結果が出やすいのでメリットが大きいです。

    ひとつの店に持ち込むのと違って多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまり契約を巡る価格競争の結果、高値売却が見込めるのです。

    愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査定項目の中に入っているため、減っていれば減点されてしまいます。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、じっさいに見積もりを出してもらう前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    それから、シルバーの場合は定番カラーであることに加えて汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。