トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    車の査定金額が下がる主な原因は何点か挙げられますが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    場合により見積金額が0にまで低下する場合もあるのです。

    かといって、事故などで修理した車すべてが必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、大きな傷跡を修理して直してものを修理歴車と呼んでいるのです。

    お店に行って車の査定見積もりをしてもらう時間が取れないときなどには、ほとんどの会社では、自宅などに来てくれる出張査定が可能です。

    中古自動車査定士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、査定額を算出してくれる方法です。

    出張査定は一気に沢山の会社に来てもらうこともできます。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で価格競争が行われますから最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、査定を担当する担当者にもよりますが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    車検の残りが1年以下のケースでは幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、車検を実施して直ぐに売却をしても通した車検費用より多くの金額が見積金額に足されて得することは無いのですから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、車に損傷が生じた場合、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですからそうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、ケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。

    仮に車内の清掃が完璧であったり、業者が来る前に洗車を済ませて外観をきれいにしても、それが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。

    素人による清掃はあとから業者のほうでも出来るからです。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    掃除の行き届いた状態で査定に出せば、担当者は良い印象を持ちますし、それだけ礼儀正しく丁寧な相手には悪い取引はできません。

    査定は減点採点で行われるのが普通ですが、それを入力するのは営業マンですし、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。

    光の反射がなく車体の傷が目立ちにくいので、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、来てくれるならいつでもという構えで多くの業者に来てもらったほうが効率的です。

    価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

    乗っている車を手放そうとする際には、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。

    そうは言っても、前もって修理することはしなくて良いです。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、事前に修理したからといってむしろ損してしまうことの方が多いのです。

    中古車買取店が故障した箇所を修理に出すときにかかるお金と個人が修理するために出す費用では、業者が修理を依頼する方が大幅に安いです。

    こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、凹みやキズなどがあるボディよりも無い方が高く査定されるでしょう。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、プロが見ると却って目立ってしまう場合があるので注意が必要です。

    故意に付けなくても自然に付いてしまうようなとても薄い傷などは、査定対象外と見なされることも多いのです。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には無理矢理に修復しようと試みずに、下手に修復せずに査定に出した方がベターです。

    自分ではきちんと注意していたとしても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引く時があるので要注意です。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならば責任があるのは自分側です。

    そのようなことがないケースでは、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、自ら承服する必要はないと言えます。