トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    大企業の中古自動車販売店においてはプロ用ではない一般者向けの車査定アプリケーションを発表しているのです。

    しかし、査定支援アプリの業務用バージョンもあるのです。

    まだ少ししか中古車の見積もりを出した経験がない人でも簡単に中古車の査定が可能になるアプリです。

    専用の機械とプロ用に開発されたアプリケーションを一緒に使えば、査定対象車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを確認できる仕様になっている場合がほとんどでしょう。

    インターネットの車の一括査定サイトを使うときの注意点として、もしかすると一番高い査定額のところが絶対に良い訳ではないのです。

    同時にたくさんの見積もりを比較して、査定金額の平均よりも一段飛び抜けた高値を表示してくる店舗が存在したら気を付けた方が良いでしょう。

    取り引きを実際にする際、売買契約を取り交わした後からさまざまな理由を後付けされて現実に買取額を低下させられるケースもあることでしょう。

    専門家の査定士には口からでまかせを言ってもすぐに分かってしまいます。

    本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、低く査定されるのを恐れて事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、ウソをついてしまったという事実があると査定担当者と信頼関係を築こうとしてももう手遅れです。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も存分に考えられるので、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、この全損は、異なる二つの意味で使われています。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は支給額と市場相場に乖離がないように努めています。

    実際の価格と違うように感じたら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、中古車買取業者に査定に来てもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    買取業者というのは大概、19時以降などの夜間でも訪問査定をしてくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、減点が少なくて済むので結果的に高めの査定を得られると言われています。

    けれども、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

    たしかに夕方以降や同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が残っている方が有利です。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだと査定価格アップをそれほど期待できません。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。

    一般的に車検費用と査定アップされる金額では、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。

    自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、また自分でオークションに出品する方法もあるのです。

    オークション出品の際には、車体の内外の画像や状態を説明する文章をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。

    それから、実際に契約する前に実物を見てもらうことも重要です。

    これら以外で自分が重要だと感じたことは、書面に書き表してサインと捺印をしてもらい、双方で保管すれば完璧でしょう。

    乗っている車を手放そうとする際には、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    故障箇所の状態によってはマイナス評価を受けることになりますが、予め修理を依頼してから査定に出すのではかえって得にならないことがほとんどなのです。

    買取成立の後でお店が故障箇所を直すのにかける金額と個人で修理に出したときのお金では、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。