トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    事故や故障を起こしてしまった車の修理歴というものは、嘘をついて査定に出したとしても直ぐにそれと分かってしまうのです。

    軽い損傷程度で済んでいて、それに相応しい修理が実施されているならば修理車とはならないケースもあるので、隠そうとせずに正直に伝えることが大切ですね。

    事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように値段が付かないと査定された場合には、事故車や故障車を専門に扱う中古車買取店に持って行くと良いでしょう。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大雑把に分類すると車の色や車種などの基本的な事項、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、以前事故などで修理した箇所があったかどうかなどを確認します。

    今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、査定が高くなる場合には、新型のカーオーディオやカーナビシステムが搭載されているケースなどです。

    これらの結果とオークションの相場などを判断して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

    いつでも自由に簡単にインターネットを利用して中古車査定ができてしまうのが中古車一括査定サイトを使う利点となるでしょう。

    車種や連絡先などの情報を入力するとすぐに査定価格が複数の業者から寄せられて、これから売ろうとしている車の現時点での相場が分かってしまうのです。

    車種などの詳細情報以外の個人情報を入力したくない場合には、無記名で利用できるサイトもあるようです。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら低めの査定額になるのは否めません。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    複数の会社が競いあうことになり、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    査定に訪れた業者から高額査定を受けるにはコツというものがあります。

    営業マンの目的といったら契約にほかなりませんので、売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約する雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。

    中古車買取業者の立場からすると車の引き取り日が決まればこれからの販売見込みがほぼ本決まりとなるため、お互いに金額交渉が成功する確率が高まります。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年でだいたい1万キロというのが相場です。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    最初にウェブから査定を依頼し、机上査定の金額を知ることから始まります。

    そして買取業者による現物査定が行われ、買取金額の提示となります。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと売主の口座に売却代金の振込があります。

    思いつく限りの業者を当たってみても値段がつかないような時は、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    あとは廃車という選択肢もありますが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    こうした専門業者の売りは、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも車の処分費が無料ということです。

    車のローンを完済する前でも全く車の売却ができないということはありません。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じであることが条件です。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、ローンを返し終わるまでは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    但し、ローン会社から承認を取り付ければ、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。